不動産の買取

不動産売買業者に不動産を売却する際のポイントについて紹介したいと思います。土地や家などを売ろうと思ったら、不動産会社が仲介をするという形で、広告を出して購入希望者を募るというやりかたも一般的ですが、不動産業者に買取りをしてもらうといったケースも考えられます。こういった方式ですと買取価格は不動産会社ごとに、わりと違いがあるのが通例ですから、その不動産の買取価格についてその会社の評価額を見積もりを提出してもらって確認しておくことです。

 

ここで忘れてはいけないのは、業者により違うということでその金額では売りたくないような買取価格を出されたら一旦保留して、他の不動産業者にも査定を依頼してもいいですし、あらかじめ数軒の不動産会社に査定を依頼しておいて比較をするというのもいいかもしれません。不動産会社によっては、最初は買い手を探すために広告を出して、買い手がなかなか居ないようでしたら、不動産会社が買い取るということにしているといったケースもあるようです。

 

しかし、現実問題として不動産業者は仲介手数料だけもらうより、買取って転売した方が儲かることを知っているので、ほんとうは買い手はわりと見つかるような物件でも、買い手が見つからなかったと言って自分たちで買取をするということにして、なるべく安く売却させるようにして高く売却して利幅を取ろうとするような悪いうわさもあったりしますので、気を付けなければいけません。