不動産売却査定

住宅などを売る場合の査定についてどんなかんじかといいますと、今住んでいるマンションなどを売却する際は、その不動産の価値について、査定をしてもらうことから始めます。ここで、査定といいますのは、その不動産がいまどれくらいの価値があるのかということを調べて値段をつけることです。

 

マンション、一戸建てなど住宅は基本的には、購入したときよりも価値が下がっていることの方が多く、年数と傷み具合などによって、評価される額も大きく違うこともあります。不動産の査定をするためには、坪数や間取り築何年といったことで一般的な価格を算出することもできますが、実際にその家やマンションなどを見て確認したほうが、本当の金額に近いと思います。また、査定は業者によっても違いがありますので、できるだけ高く売却をしたいのでしたら、少し手間にはなりますけれど、最低でも3社くらいの不動産業者に聞いた方が、損をしないためには確実です。

 

そのように金額を出してもらうと不動産売却の査定の金額が違うことがわかると思います。なるべく多くの不動産屋から金額を出してもらって所有する不動産を一番高く売却できる会社や最低額が高くついているところにどこに売却をするのかを決めるとよいでしょう。しかし、できるだけ高く売りたいといっても、ある程度の相場的なものもありますが、ちょっとショックを受けることもよくあり、現実の不動産査定額というのは購入時の価格からすると悲しいほど安くなってしまっていて少し納得がいかないような気分になるかもしれません。